アスカハウジング

横浜本社 045-810-3850 営業時間 平日9:00~18:00

アスカハウジング

Company

設計・営業

建築家

私たちの暮らす、ここ日本には『四季』がございます。
「開放的な空間」「光」「風」をキーワードに窓の大きさや位置、お部屋の天井の高さを
それぞれの敷地条件に合わせて一つひとつ工夫する事により、季節の移ろいを楽しむ事の出来る
『住まい』をお届致します。
また、主寝室などのプライバシーが重要な部屋以外は、限られた人の為の部屋ではなく
「家族の間」「集いの間」「自立の間」としてやわらかい仕切りで居住空間を広々として使う『間』
の思想をお一人おひとりにご提案します。

健康な住まいとは、横浜の気候、風土や四季の移ろい、その地域の自然条件と調和のとれた住宅であるべきです。建築家として、湿度の高い日本の夏をいかに快適に過ごしていただけるかを考え、自然の風の流れを利用した”風の道”を住まいづくりの中で提案しています。

住宅の設計をする際、配慮するべき事は多々有ります。敷地の形状や法令はもちろん、快適性から経済性に至るまで、様々です。 そこに10人のお客様がいれば、そこには10個性があり、10のオリジナル建物が出来上がるわけです。
世界に一つのお客様オリジナル建物を、しっかりとご提案してまいります。

風の道を確保するための5つの方法

居室を大空間とする
居室または建物の異なる2面に開口部を設ける
風の入口よりも出口の方を大きくする
生垣、障壁、袖壁などを有効に設ける
夏季の風向きを調べ、その方向に窓を設ける

営業

営業担当者は、住まいづくりのあらゆる情報をご提供すると共に、クライアント自身のことを教えていただくことから、アスカハウジングの住まいづくりが始まります。

資産契約や、融資、税金のご相談も承りお客様に最もふさわしい資金計画を的確にアドバイス。どんな要望もお聞かせください。

ブランドの枠を超えて、オンリーワンの住宅をお客様のご要望に期待を上回る完成度でお応えします。

ご家族皆様の声をお聞かせ下さい。
マイホーム創りは人生の中で最大のイベントです。四季を通じてお子様の成長を見守りながら家族と共に時を刻んでまいります。

敷地の条件や環境を十分に考慮し、より安全で心地よい住まいをご提案いたします。失敗しない土地購入のノウハウ・資金計画・税金等、幅広くご相談に対応しております。お客様が知りたい情報を専門のスタッフが適切なアドバイスを致します。是非お気軽にお声をおかけ下さい。

1.「聞かせてください」

どんな些細な事でも構いません、お話を聞かせてください。
融資、税金、各種手続きについて不安な事、疑問に思う事、 子供の時に好きだった物事、現在の趣味、これからやってみたい事、 お仕事の大変なところ、やり甲斐を感じるところ、 好きな食べ物、好きなお店、好きな色、好きな花、好きな言葉…。

お話し頂く全てが、これから始まる「夢を実現する=家づくり」に繋がる、 とても重要なキーワードになります。夢を夢のままで終わらせない為、 しっかりサポートさせて頂きます。

2.「一緒に歩む」

家づくりには、いくつもの難関が待ち構えています。

お金に関する部分、法律に関する部分、生活するという事に関する部分。

家づくりを進めていく道のりで、迷いそうな時、立ち止まりそうな時。

お近くで、一緒に考え、サポートし、専門知識や経験の求められる部分はアドバイスさせて頂きます。理想を実現する(家づくり)を一緒に歩ませて下さい。

3.「ゆとり」

その家に住んでいるご家族の表情や温もりが外側まで伝わるような家を 1つでも多く建てたいと考えております。

その為に大切な事は「ゆとり」だと思います。資金計画に対しての「ゆとり」、設計プランに対しての「ゆとり」、申請手続き等に対しての「ゆとり」、工事に対しての「ゆとり」、移り住む事に対しての「ゆとり」、これらの「ゆとり」が、家を建てて住まわれた後の「ゆとり」に繋がり、ご家族の表情や生活に表れ、家自体に伝わり、「家の表情」として外側に広がると考えております。

その「ゆとり」を作る為のご提案やアドバイスをご提供させて頂きます。

インテリアコーディネーター

住まう人が、日々を心地よく豊かに過ごせる空間をご提案いたします。

工事課

[ オンリーワンのくらしをお客様に ]

徹底した教育・訓練を施された技術者たちが高品質部資材と先端技術によって、一邸一邸に丹精を込めて作り上げる住まい。工事担当者は、現場とお客様の架け橋です。お客様の暮らしを造り上げるため、各工程での品質・施工検査は元より、安全管理の徹底により、技術者が施工に集中できる現場の環境づくりを行なっております。また、ご近所への配慮、現場の安全対策、ゴミの分別処理等を含めた現場総括責任者です。

選任検査員

ダブルの安心をご提供

施工工程においては、工事部門とは別組織として選任検査員を配置しております。さらに、第三者機構による検査を実施、2段、3段構えの検査が妥協を許さぬ住まい造りを実現します。工事担当者も、隈なく検査を行ないますが、基礎完了や上棟、防水など重要な工事の節目ごとに、選任検査員が冷静かつ公正に品質検査を、行なっています。例えば、基礎における水平検査で求められるのは、基礎の高さに対して誤差±2.5mm以下の正確性。本当に満足して頂ける住まいの実現に向けて、アスカハウジングは厳しい検査を繰り返します。

第三者機構についてはこちら >>