アスカハウジング

横浜本社 045-810-3850 営業時間 平日9:00~18:00

アスカハウジング

Concept

二世帯の家

住宅に可変性をもたせた設計提案 シェアを考える新しい二世帯住宅

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

注目される二世帯住宅

近年、御両親の住まいの老朽化などからリフォーム・建替えをきっかけに、お客様が二世帯住宅を検討されるケースが増えている傾向があります。
その理由として、共働きの御家庭が増えている中で、働いているときにお子様の面倒を御両親に見てもらったり、御両親の将来の介護の目的であったりと様々です。
そんな近年注目されつつある「二世帯の家」。当社独自の設計で、最適な距離感をお届け致します。

付かず離れずの良い関係を保つ

二世帯住宅、と一言で言ってもその形態には色々な種類があります。
例えば親世帯と子世帯の二世帯を考えた際に、玄関やキッチン、お風呂も全て共有するのか?
またはキッチン・お風呂などは分離して、玄関は一つでいいのか?
はたまた一棟の中で全て分離させてしまうのか・・・など、二世帯住宅は世帯同士の距離感はもちろん、
生活リズムやプライバシーまでも考慮して設計する必要があるのです。
中でも玄関まで完全分離にしてしまって、中庭でお互いを繋ぐような設計の二世帯住宅も見かける事があります。
また近年この完全分離タイプの二世帯住宅をもとに、賃貸併用住宅という建物も見かける事があります。
「親世帯といずれ同居するが、時期はまだ先になる。」「子世帯が長期赴任の間、もう一世帯がもったいない・・・。」
なんていう声から生まれた都市型の二世帯住宅です。
お互いの距離を付きすぎず、でも離れすぎずの良い関係を見つめ直しては如何でしょうか?

二世帯ならではの配慮

二世帯住宅の建物計画でさらに配慮する点があります。
その一つが加齢配慮。親世帯が一階であればよいのですが、都心部の土地事情を見ると大きい建物を建てるというのが難しく、
どうしても親世帯が二・三階になってしまう、なんていうケースもあるようです。
そうなってしまうと上下階の移動が大変になってしまう為、ホームエレベーターを採用したりと設備面での配慮も二世帯住宅を快適にする大きな要素となるのです。