アスカハウジング

横浜本社 045-810-3850 営業時間 平日9:00~18:00

アスカハウジング

Concept

大きな収納がある家

地下収納や「蔵」収納・・・
「大収納」を利用した、ゆとりある新しい生活スタイル

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

収納にこだわった住まいづくり

住宅を建てた方から、「実際に住み始めてから収納スぺースが少ない事に気が付きました。」なんていう声を聞いた事があります。
しかし、収納するモノがお客様それぞれであることから、なかなか計画段階から最適な収納計画を立てる事は難しく、収納は住宅にとって大きなテーマと言えます。
お客様のライフスタイルに合わせ、快適でゆとりある収納空間を御利用下さい。

収納を考える事は、家全体を考える事

住宅における収納は、一般的に建物容積の15%が収納しやすく住みやすい割合と言われています。
しかしそれだけではなく、収納をしっかり計画する事はメインとなるリビングや主寝室にそのまま影響がでてくるのです。
例えば収納空間を減らし、広いリビングや主寝室を用意しても収納が足りない結果、モノがしまえずあふれていたり結局置き家具の収納を買ってしまって狭くなってしまった、なんて事になってしまっては元も子もありません。
しっかりとした収納計画は、そのまま快適な空間に活かされてくるのです。
「大きな収納がある家」では、地下に大きな収納空間を設ける事で季節ものは勿論、使わなくなってしまったベビーカーやゴルフバック等も悠々収納する事が出来ます。
そして敢えてただの空間にする事で、お客様自身で収納のレイアウトが可能になっており、大物から小物までお客様が見やすく使いやすい収納空間を作り上げる事が出来るのです。

収納で叶うゆとり

もちろん、大収納空間だけでなくその他にも要所要所に収納の工夫が施されています。
例えばキッチンに冷蔵庫置き兼引き戸の収納空間を設ける事で、キッチン廻りでの「片付けなきゃいけない」というストレスや、探し物のイライラから解消されたり、
物のありかがすぐに分かるという事は余計な物を買わないで済んだりと、心にも時間にも家計にもゆとりが生まれてくるのです。