アスカハウジング

横浜本社 045-810-3850 営業時間 平日9:00~18:00

アスカハウジング

Concept

光に包まれる家

求めたのは、太陽の光 四季折々の光と風を家に招く

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

狭小地から生まれる「光」の家

「自然光の中で暮らしたい」そんな御要望をもつお客様が多数いらっしゃるのではないでしょうか。
人工照明の明かりも素晴らしいですが、やはり自然光の温かみ・柔らかさは表現できません。
しかし、都心部の住宅事情を見てみると高い建物や隣の家に囲まれ、自然光は遮られがちです。
そんな厳しい条件でも、照明に頼らないエコな生活を御提案する「光に包まれる家」をお届けします。

光を求め、高さを

お隣様との離れがほとんどない、そんな条件の敷地は都心部では決して珍しくありません。
そんな条件下の中、いかに家の中へ太陽の光を取り入れるか、ということは狭小地に立つ建物の永遠のテーマとも言えるでしょう。
この「光に包まれる家」にリビングへ光を取り入れる為に求めたもの、それは「高さ」でした。
リビングには上階までの吹き抜けと勾配天井による空間の広がりを確保し、天井なりに配置されたハイサッシによって、
他の建物に遮られる事なく、太陽の光を建物の中へ取り入れる事が出来ます。
勿論ハイサッシだけではありません。今回SE構法の採用により本来なら壁となってしまうような部屋の四隅にまで壁を配置することが
可能になっており、目線の高さから光を取り入れる事が出来ます。

内部にも工夫を

太陽の光を有効に建物へ取り入れる為に必要なのは、窓だけではありません。
内部の仕様にも工夫を施しています。例えば階段。
階段室という概念を捨て、表わしのストリップにすることで不要な壁を取り除き、リビングに大きな空間を確保しています。
また、内装のカラーにも床以外の壁紙やキッチン、階段手摺まで白を基調にすることによって取り入れた太陽の光で
部屋全体を明るくする、そんな一工夫が施されています。